IT CARETの学び方

IT CARETは会員制のプログラミングスクールです。IT CARETに参加するにはまず研修コースに申し込む必要があります。

1.研修コースを選ぶ

IT CARETは目的に合わせた複数の研修コースを提供しています。

IT CARETの研修コースは研修期間を約3ヶ月に設計しています。研修コースで学習するカリキュラムは、予習用のオンライン教材と隔週で開催する全6回の集合学習で構成しています。研修コース参加中は講師が常駐する自習スペースを無料でご利用頂けます。

研修コースの開始月は年4回(1月、4月、7月、10月)です。通常、コースの開始月の1ヶ月前から受講者を募集しています。研修コースへの申し込みが完了すると仮申し込み状態となります。通常、3営業日内にIT CARETスタッフよりメールで申し込み手続きの案内が届きます。その後、スタッフの案内に従って研修初日(キックオフ)に参加します。

2.研修コースキックオフ

IT CARETは研修初日をキックオフと呼んでいます。キックオフでは研修コースを担当する講師の紹介に加えて、オンライン教材の使い方、自習スペースの利用方法について解説します。

キックオフは概ね1時間程度で終了します。その後は早速、研修コースの詳細な学習に取り組みます。初日の研修が終了したら受講者間の交流を深めるために任意参加で懇親会を実施します。

3.オンライン教材で予習

キックオフが終わると、次回の研修への参加は2週間後になります。IT CARETでは集合学習の合間にも効率よく学習するために独自のオンライン教材を開発しています。

オンライン教材は新たなプログラミングの基礎知識をインプットするために活用します。オフィスや自宅からでもアクセス可能ですので、毎日のスキマ時間を使って効率良くプログラミングを習得できます。

オンライン教材の内容は、参加する研修コースによって決まります。たとえばWebプログラミングコースであれば、HTMLやCSSフレームワークといったプログラミングについて学ぶことができます。

IT CARETのオンライン教材はムービー・テキスト・エクササイズのセットで構成しています。

講師が実際にプログラミングする様子をムービーで確認しながら、テキストを読み進め、学んだことを確認するための力試しとしてエクササイズに取り組みます。

4.集合学習に参加

オンライン教材で予習を済ませたら、再び集合学習に参加します。集合学習では専門家による講義に加えて、制作課題など多くの課題にチャレンジします。

集合学習はオンライン教材でインプットしてきた知識をアウトプットする場です。学んだ知識は実践でアウトプットすることによって定着していきます。

また、集合学習は講師や仲間と共に学習する場でもあります。課題を上手く解決できないときは講師や共に学ぶ仲間からフィードバックを受けることができます。講師やモチベーションの高い仲間と共に学ぶ時間は、オンライン教材では体験できない有意義なものになるでしょう。

5.自習スペースの活用

研修コース参加中は自習スペースを活用できます。自習スペースには講師が常駐しているので、オンライン教材や集合学習で疑問に感じた点や、理解の曖昧な点をその場で解決することができます。

自習スペースは自分の作りたいWebサービスの開発時間として利用することもできます。講師や仲間からフィードバックをもらいながらWebサービス開発に取り組めば、効率よく開発することができるでしょう。